無料WordPressテーマ Principle

WordPressテーマ Principleの機能や使い方、及び、WordPress用レンタルサーバーに関する情報

WordPress初心者 おすすめサーバー

お名前.comとエックスサーバーのスペックを比較している人への忠告

お名前.comとエックスサーバーのスペックを比較している人への忠告

お店のホームページ運営ならプロに丸投げ!→イーネットサービス

お名前.comとエックスサーバー

 お名前.comレンタルサーバーとエックスサーバーは同価格帯でスペック的も同じような感じなので、この両社でどちらにしようか悩んでいる人って結構いると思います。

 個人的な意見として、両社とも使った私から忠告いたします。

 悩む必要は一切ありません。エックスサーバーの一択です!

 というのも、私は以前、お名前.comサーバーでいくつかのサイトを運営していたのですが、あるトラブルの結果、エックスサーバーへ全サイト引っ越しすることになってしまいました。

 そのトラブルの顛末を以下で説明しますので、ご興味のある方はお名前.comでどんな事件があったのかご覧になって下さい。

 僕の身に起きたトラブルなんて興味ない人は、読まなくてもいいですがエックスサーバーに決めた方が身のためですので忠告しておきます。

スペック比較

 まず一応、両社レンサバのスペックを比較表を載せておきます。

スペック比較
Xサーバー
X10
お名前.com
RSプラン
ディスク容量200GB200GB
ディスクタイプSSDSSD
データベースの数50個無制限
マルチドメイン無制限無制限
転送量(目安)70GB/日2.5TB/月
バックアップディスク 1週間
DB 2週間
14日間
無料トライアル14日無し
電話サポート平日昼のみ24時間
初期費用3,000円無料
月額費用900円から900円から

 正直、スペック的には甲乙付け難いです。なので初期費用をケチってお名前.comに行っちゃう人は多いかも知れません。

 以前の僕です。笑

 ま、数字に現れない部分は実際使ってみないと分からないですからね。

 というわけで、引っ越しのきっかけとなったトラブルの詳細をどうぞ。↓

お名前.comでのトラブル

 お名前.comからの引っ越しを決意したのは、僕が運営していたサイトが何の警告も無しに突如として404にされるという処置を受けたからです。

 サイトを運営している人なら分かってもらえると思いますが、いきなり自分のサイトが消えるなんては?!ってなります。

 僕は当時、お名前.comサーバーで10個ぐらいサイトを運営していましたが、その全サイトが突如として404 Not Foundです。

 404というのはダメージがデカいです。500や503などのように一時的にサーバーの都合で表示できないというのは違い、404はサイト自体が消滅したのと同義です。

 いつも見てくれている閲覧者なら、あれ?消えてる?と思うだろうし、何より怖いのはGoogleにこのサイトは消えたと認識されることです。

 そうなれば、せっかく検索結果の上位に表示されていたページも全部飛ばされて終わりです。仮にサイトが数日で復活したとしても、そんなたまに404になるような不安定なサイトは順位を下げられて当然です(実際、かなり影響がありました)。

 そんな大ダメージを受ける全サイト404化という処置を何の警告もなくされたわけです。

 お名前.comとしてはサーバー全体を守るためのやむを得ない措置だったのだとは思いますが、一体どういう理由でその措置を行ったのか?果たしてそこまでする必要はあったのか?

 サーバーを停止した理由は、その旨を報告するメールに以下のように書いてあっただけです。

 このメールを受けて、サイトを確認してみるとマジで404になっていたんです。顔面蒼白ですw

 全く意味がわからないので、次の日、こちらから電話で問い合わせたところ(オペレーターにつながるまで30分以上待ちました)、ハッキリした原因は分からないが、僕が契約している12個のドメイン全てにおいてCPUの負荷が高くなっている状況が確認されたとのこと。

 そして、以下の処理をしたドメインに限り、アクセス制限処理を解除するとのことでした。

  1. WordPressの最新版へのバージョンアップ
  2. WordPressで使用しているプラグインの最新版へのバージョンアップ
  3. クローラーのアクセスを制限する命令を書いたrobots.txtを設置

 言われた通りにすると、いとも簡単にアクセス制限を解除してもらえました。

 ・・は?

 たったこれだけの処理をさせる為に、全サイトを404にしたのか?

 んなもんちょっと脅しめいたメールで指示してくれたらすぐにやるし、正直、WordPress等をバージョンアップしたところで大してサーバーの負荷は変わってないでしょう。
 まあプラグインに関してはやたらとリクエストを投げ続けるような変なものもあるでしょうが、少なくとも全サイト共通で使っているプラグインなんてあったとしても初めから入っているようなやつぐらいです。

 しかも、その後もらったメールにはこんな文面が載っていました。

 次、同じことが起こったら制限解除できない?

 何が原因だったのかよく分からないにも関わらず?

 んなもん、ご了承できるかっ!

 というわけでお名前サーバーから逃げ出したお話でした。

 お名前.comかエックスサーバーのどちらにしようか迷っている人は、初期費用が勿体ないと言わずにエックスサーバーにした方がいいです。数字には現れない部分にも注目して選びましょう。

 お役に立てると幸いです。

 引っ越しの具体的な手順はこちらにまとめました。→お名前.comからエックスサーバーにWordPressサイトを引っ越しする方法

後日談

 その後、せっせと全サイトをエックスサーバーへと移しました。

 お名前サーバーは4月30日までの契約になっており、ちょうどあと一ヶ月ほどなんでそこで契約終了とするか。と思って自動更新設定を解除しようとしたら、それは出来ませんって。

・・・は?

 4月1日に自動更新設定を解除しようとしたんですが、更新月には自動更新設定を解除できないと言うんです。

 4月1日になった時点で、さらに半年契約延長ですって。

 なんやねんそのルール。。

 で、結局さらに6ヶ月分、無駄にサーバー代を支払うことになりました。

 こんなセコい儲け方してたら評判落ちるだけですよ、GMOさん。

おすすめサーバー

第1位エックスサーバー

スペック、安定感、使いやすさ、サポート、非の打ち所のない安心・安全レンタルサーバー。初心者はまずエックスサーバーがおすすめ。

第2位 MixHost

サーバー処理能力の高さは随一、コスパ最強。利用者急上昇中の新世代レンタルサーバー!

参考【徹底比較】エックスサーバー 対 MixHost

コメントを残す




関連記事

Pick Up