無料WordPressテーマ Principle

WordPressテーマ Principleの機能や使い方、及び、WordPress用レンタルサーバーに関する情報

WordPress初心者 おすすめサーバー

全くの初心者がWordPress(ワードプレス)でブログを始める方法

全くの初心者がWordPress(ワードプレス)でブログを始める方法

 WordPress(ワードプレス)ってやつを使ってブログを作ってみたいけど、どうやって始めたらいいの? お金いるの?と疑問に思っている初心者に向けて、WordPressブログの始め方を解説します。

 何の知識もない人にも分かるように説明します。

 さらに具体的にWoredPressブログを開設する手順を、最初から最後まで写真付きで載せています。

 結構なボリュームですが、このページさえ読めばWordPressブログを始められるので、WordPressを始めたい人はじっくり読んでみてください。ブックマーク推奨です。

WordPressを始める為に必要なもの

 WordPressでブログを始めるには、以下の3つを用意する必要があります。

  1. サーバー
  2. ドメイン
  3. WordPress

 まずはこの3つがそれぞれ一体何なのか?どうやって手に入れるのか?について簡単に説明します。

サーバー

 そもそもサーバーとは何なのか?というと、サーバーの役目はズバリ、データの置き場所です。

 サーバーは、webページを表示するために必要なデータを大事に保管してくれています。「ここにwebページのデータを置いてますから見たい人は24時間いつでも見にきて(アクセスして)下さいね」と。

 そのデータにPCやスマホからアクセスすることで、webページは表示されます。

 夜中であろうと早朝であろうとwebページはいつでも見れることからも分かるように、サーバーというのは原則として24時間365日、休むことなくフル稼働しています。

 サーバーはレンタルサーバー会社に借りるのが普通です。

 サーバーを借りるなんて素人にできるのかな?と初めは心配だと思いますが、サーバーの管理などは全部レンタルサーバー会社がやってくれるので何も難しい知識は要りません。

 ただ大事なのはどこのレンタルサーバー会社を選ぶかです。

 WordPressはアクセスがある度にサーバーに結構な負荷がかかります。なのでWordPressをする為にサーバーを借りるとなるとそれなりの処理能力のあるサーバーを選ぶ必要があります。

 そしてサーバーにとって命とも言えるのがセキュリティです。ブログを表示する為のデータを置いているわけですから、もしそのデータに何かあれば積み重ねたブログ記事が全部消えてしまうということもあり得ます。

サーバーのセキュリティ管理のお話

 ネットのセキュリティと言えばウィルスがどうとか、ハッキングがどうとかっていうイメージがありますが、サーバーが守るべきものはネット上だけの問題ではありません。サーバー本体を物理的に守ることが大前提です

 サーバーを物理的に守るには、単純な話、頑丈な建物の中にサーバー本体を設置する必要があります。地震や火事などに耐えうる物理的強度が必要です。そこらの安もんのビルの一室ではサーバー会社は成り立たちません。

 停電時の予備電源対策なんかも必要です。止まることなく動き続ける為サーバー機器は高温になりがちなので温度管理も大変です。

 そういったあらゆる対策を講じた上で、それでもサーバーが落ちるような非常事態に備えて、バックアップとして遠隔地に予備サーバーを用意しておくことも、安定運営の為には必要です。

 サーバーには、ソフト面、ハード面ともに非常に精密かつ厳重なセキュリティが求められます。

 そう考えると、あまりにも安いサーバーは個人的にはちょっと心配です。もちろん、だからと言って高ければいいというものでもないです。

 サーバーを選ぶ際の基準としては、以下のポイントを抑えておくべきだと思います。

サーバーを選ぶ基準

  • 多くのアクセスを捌ける処理能力を持っているか?
  • セキュリティ体制バックアップ体制はしっかりしているか?
  • 利用者は多いか?
  • 安定した運営実績を積み重ねているか?
  • コストパフォーマンスは?

 これらを総合的に見て、判断するべきかと思います。

 そういう意味では、WordPress初心者におすすめできるのはズバリ、エックスサーバーです。

 初期費用が3,000円かかりますが、月額1,000円程の料金で、スペックも充分、サポートも充実、何より安定感が抜群です。僕はここ数年、エックスサーバーを利用していますが間違いないです。

安定感は見えにくい?

 使ってみると分かりますが、サーバーにとって安定感というのは非常に重要です。不安定なサーバーだといきなりサーバー側の都合でサイトが表示されなかったり、酷いところではデータが一部飛んでしまったりなんてこともあります。
 ところが安定感というのは数字に現れないので分かりづらいものです。サーバーの性能を比べる際にはついついスペック表を見て数字だけを比べてしまいがちですが、そういった数字に現れない部分にも注意してサーバーを選ぶ必要があります。

 僕が知っている限り、活躍しているWordPressブロガーさんはエックスサーバーを使っている人が多いです。ほぼエックスサーバーと言ってもいいかも知れません。ちなみにプランは一番安いX10プラン(月額900円〜)で充分です。

 あと、最近すごい勢いで利用者が増えているのが、MixHostというレンタルサーバーです。

 MixHostは新しいだけあって最新技術や最新機器をバンバン投入してハイスペックサーバー環境を実現しています。後発ならではの利と言えるでしょう。他社と比較するとスペックの差は歴然です。

 ただし、MixHostは電話対応が無いなどサポートについてはやや弱めなのと、スペックは凄いのですが安定感はやはりエックスサーバーには及ばないかと思います。

 プランは一番安いスタンダード(月額880円〜)で十分です。MixHostのコスパは半端ないです。

 というわけで、初めてWordPressでブログを作る為にサーバーを借りるなら、スペック・コスパ・安定感・サポートと言うことなしのエックスサーバーのX10プランか、もしくは、電話サポートは要らないという人なら、次世代型ハイスペックサーバーMixHostのスタンダードプランをおすすめします。

 この2つから選べば間違いありません。むしろ他を選ぶ理由が見当たりません。

 エックスサーバーとMixHostの性能の比較について詳しくはこちらをどうぞ。
エックスサーバーとMixHost、ワードプレスするならどっちを選ぶべきか

 他のサーバーも詳しく見てみたい人はこちらをどうぞ。
【初心者用】WordPressを始めたい人におすすめのサーバー

 お名前ドットコムサーバーはちょっといろいろあったので個人的にはおすすめできません。
お名前.comからエックスサーバーに慌てて逃げた理由

エックスサーバーを借りる方法

 エックスサーバーを借りる手順を載せておくので参考にしてトライしてみて下さい。10日間の無料お試しができるので、とりあえずやってみるだけならお金はかかりませんのでご安心を。

 エックスサーバーにアクセスして下さい。

 トップページの右側に無料お試し申込みのボタンがあるのでそこをクリックします。

 新規申し込みをクリックします。

 必要事項を入力していきます。

契約内容

 サーバーIDを自分で決めます。このIDは、無料で使える初期ドメインとして使われるので、そのつもりで決めましょう。後から変更することはできません。

 プランはx10を選びましょう。一番安いプランですが充分過ぎるスペックです。後から変更することも可能です。

会員情報
 メールアドレスや住所、電話番号などの個人情報を全て正確に入力しましょう。

 一番下の規約への同意にチェックを入れて、お申込内容の確認をクリックします。

 確認画面で確認して間違いがなければ、お申込みをするをクリックします。

 登録したメールアドレス宛に、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールが届くはずです。そこに管理画面にログインする為のID、password情報が載っているので大事に保存しておきましょう。

 エックスサーバーの管理画面にはインフォパネルというのとサーバーパネルというのがあります。


 ↑これはエックスサーバーから来たメールのキャプチャです。
 上の方(ユーザーアカウント情報)インフォパネル用アカウントの情報で、下のがサーバーパネル用アカウントの情報になります。

 ちょっとややこしいですが、インフォパネルとサーバーパネルはそれぞれ別のアカウントが当てがわれており、IDもパスワードもそれぞれ違うので上記のメールをよく確認し、必ず大事に保管しておきましょう。

インフォパネル
 インフォパネルというのは、エックスサーバーとの契約情報について確認、更新する為の管理画面です。

 インフォパネルは、お客様のご登録情報の確認・変更、ご利用期限の確認、料金のお支払い等を行うための管理パネルです。

サーバーパネル
 WordPressをインストールしたりとか、サーバーを操作する際に使うのがサーバーパネルです。

 サーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)を行うための管理パネルです。

 これでとりあえずエックスサーバーを使える状態になりました。続いて、ドメインというものについての説明をしていきます。
 

ドメイン

 ドメインというのは、URLの中のこの青字の部分↓

http://www.yahoo.co.jp

 「yahoo.co.jp」がドメインです。

 webサイトを家に例えると、ドメインというのはその家の住所みたいなものです。ブラウザを使ってその住所にアクセスすることでそのwebページを見ることができます。

 ちなみにこのページのURLは、https://wp-principle.net/start-wp/となっていると思います。

 wp-principle.netこれがドメイン。住所です。
 で、その後ろに「/」(スラッシュ)で区切って、start-wpこれはこの家の中の一つの部屋みたいなもんです。wp-principle.netという場所にある家の中のstart-wpという部屋がこのページです。

 そういう意味では、ドメインwp-principle.netというのは住所であると同時に、玄関でもあります。玄関とはすなわち各webサイトのトップページです。その住所(ドメイン)にアクセスするとまず玄関(トップページ)に通されるわけですね。
 
 この住所を自分で名づけて取得するのが、独自ドメインです。

 ドメインにかかる料金は、だいたい年間1000円ほどです。月間じゃなくて年間ですよ。年間たった1000円ほどで、あなたは世界で1つだけのとんでもない財産を手に入れることになるかも知れません。

 取得したドメインは、手放さない限りずっと自分のものです。そのドメイン(URL)でwebページを作れるのは世界中で自分だけです。

 仮に、サーバー(データの置き場所)が変わってもドメインがそのままなら、閲覧者からすれば何の変化もありません。全く同じURLで引き続きそのwebページを見られる状態です。なのでもしサーバー会社が潰れようともバックアップさえあれば、同じURLで復活できるということです。

 そういう意味では、サーバーは替えが効きますがドメインは唯一無二のものと言えます。

ドメインは替えが利かない

 livedoor等のブログサービスでブログを何年も積み重ねて書いても、もしlivedoorがブログサービスを停止するなんてことになったら、そのドメインは失効します(というかそもそも無料ブログのドメインは自分のものではないのですが)。

 例えデータ(記事)のバックアップは取っていても、文字通り引っ越す(URLが変わる)ことになります。URLが変わってしまうと、せっかく検索エンジンに登録されていたページも、誰かがブックマークしてくれているページも全てデッドリンクになります。

 ただし、当然ながらドメインは世界中に同じものは存在しないようになっています。ドメイン取得は早い者勝ちなんです。
 誰かが所有しているドメインを後から奪うことはできません。

 ドメインはドメイン管理会社を通して取得、管理することができます。ドメイン管理会社と言えば、お名前.comや、エックスドメインムームードメインなどが有名です。

 できればドメイン管理会社とサーバー管理会社は同じ会社を利用した方がいいです。ドメインとサーバーが別会社だと、ネームサーバーを変える必要があるのですが、初心者はできればここは触りたくないところです。

参考ネームサーバーの変更とドメイン移管について初心者向けに解説する

 以下の方法(エックスサーバーでドメインを取る)なら、ネームサーバーの設定を変更する必要がないので、よく分からない人は以下の通りやってみて下さい。

 取りたいドメイン名がまだ決まっていない人は、エックスサーバーが無料で使わせてくれるサブドメインにWordPressをインストールして触ってみることもできるので、次のWordPressって何?に進んでください。

エックスサーバーでドメインを取得する方法

 エックスサーバーはドメイン管理専用のエックスドメインという別サービスがあるのですが、実はエックスサーバーのアカウントさえあれば、エックスドメインを使わずともすぐに独自ドメインを取ることができます。

 では、具体的なやり方を説明していきます。
※まだエックスサーバーのアカウントを作っていない人はエックスサーバーを借りるを見ながら先にアカウントを作って下さい。

 ドメインの取得・管理はエックスサーバーのインフォパネルにて行います。まずはインフォパネルにログインしましょう。エックスサーバーにアクセスして下さい。

 画面右上のログインというところをマウスオーバーすると、インフォパネルというのが出てくるのでそれをクリックします。

 インフォパネル用のアカウントでログインしましょう。

 画面左にあるサービスお申込みをクリックします。

 エックスドメインのところの新規申し込みをクリックします。

 同意画面が出てくるので同意するをクリックします。

 ドメインを選ぶ画面になるので、取りたいドメインを入力欄に入力しましょう。とりあえずそのドメインが取れるかどうかチェックします。

nobuo-create.comというドメインを取りたかったら、入力欄にnobuo-createと入力して、comにチェックを入れます。

 取りたいドメイン名を入力したら、ドメイン名チェックをクリックします。

 すると、取得できるかどうかが表示されます。

※「取得できません」と表示された場合は、既に誰かが取得しているドメインなので、他のにしましょう。

 『エックスサーバー』を設定するを選択した状態で、お申し込み内容の確認・料金のお支払いボタンをクリックします。

 すると、お支払い方法の選択画面になるので、お好きなお支払方法を選択しましょう。

 クレジットカード払いなら、今すぐにこのドメインを自分のものとして使えるようになります。今すぐ続きをやりたい人はクレジットカード払いがおすすめです。

決済を済ませた人は続きをどうぞ。

 取得したドメインをweb上で住所として活用するには、そのドメインをサーバーに登録する必要があります。エックスサーバーで取得したドメインをエックスサーバーに登録するのは簡単なので、以下の説明通りやってみて下さい。

取得したドメインをサーバーに登録する方法

 ドメインの登録はサーバーパネルで行います。エックスサーバーサーバーパネルにログインしましょう。

 ログインのところをマウスオーバーすると、サーバーパネルへのリンクが表示されるのでクリックしてください。

 サーバーパネル用アカウントのIDとpasswordでログインして下さい。
※インフォパネル用アカウントと間違わないように。

 ドメイン設定をクリックします。

 ドメイン設定追加のタブをクリックします。

 ドメイン名というところに、先程取得したドメインを入力します(comとかnetとかまで全部入力しましょう)
nobuo-create.comというドメインを登録するのを例に説明します。

 チェックは2つとも入ったままでいいので、そのまま確認画面へ進むをクリックします。

 確認して問題がなければ(ドメインのスペルミスに注意!コピペ推奨)、追加するをクリックします。

 おめでとうございます。あなたのドメイン(URL)でアクセスできるweb空間が誕生しました。

↑表示されているURLにアクセスするとそのweb空間(webページ)を見ることができます。

 設定が反映されるのに少し時間がかかりますが、設定が完了すれば、以下のようなエックスサーバーの画面が表示されるはずです。

 
 まだ今は空っぽの状態ですが、ここに自由にあなただけのwebサイトを作っていくことができます。ワクワクする瞬間です。(笑)

 では続いて、お待ちかねWordPressって一体何なのか?説明します。

WordPress

WordPressって何?

 livedoorブログとかの無料ブログサービスって利用したことありますでしょうか?

 ああいうブログサービスというのは管理画面にログインしてブログのテンプレートを選んで、記事を書いて、公開ボタンを押せば、それなりに体裁の整ったブログが出来上がりますよね。

 ↓これはlivedoorブログの記事作成画面です。こういうの触ったことある人もいるかと思います。

 基本的にはWordPressもlivedoor等のブログサービスと同じように、ブラウザ上で記事を書いたりブログの見た目をカスタマイズしたりします。

 ↓これはWordPressの記事作成画面です。

 WordPressでブログを作るには、まずこの管理画面を自分でweb上に用意する必要があります。なので初めにサーバースペースが必要になるわけです。

 ちなみに、WordPress.ORG 日本語から、WordPressを作るためのプログラムファイルをダウンロードすることが出来るのですが、ダウンロードして開いてみても意味不明なphpファイルが大量に入っているだけで、どこにインストールできるわけでもなく、は?ってなると思います。

 本来ならWordPressを使えるようにするには、これらのファイル群を自分で借りたサーバー上にアップロードし、データベースの設定をしたりする必要があるのですが、実はそんな難しいことする必要はありません。

 上記で紹介したエックスサーバーMixHostなら、入力欄に必要事項をちょいちょいと書き入れるだけでWordPressのインストールは完了します。

 簡単なのでさっそくやってみましょう。

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

 ここでは、上記で取得した独自ドメインにWordPressをインストールしていきます。上記の続きです。

 WordPressのインストールはサーバーパネルで行うので、エックスサーバーサーバーパネルにログインしましょう。

 ログインできたらWordPress簡単インストールというのをクリックします。

 ドメインの選択画面が表示されたら、先程登録したドメインを選択しましょう。

※既にドメインを選択した状態になっている場合はそのまま勝手に次の画面に進みます。

 サーバーパネルに登録していないドメインは、ここに選択肢として表示されません。もしドメインを取得したのにそのドメインがここに表示されていない場合は取得したドメインをサーバーに登録するを見ながら、先に登録を済ませて下さい。

 ○○○.xsrv.jpというのは、エックスサーバーが無料で使わせてくれてるサブドメインです。ここにWordPressをインストールすることもできるので、ドメインをまだ取っていないけどWordPressを触ってみたいという人はサブドメインを選択して、続きをどうぞ。

 WordPressインストールのタブをクリックします。

 すると、WordPressの初期設定画面が開きます。

インストールURL
 WordPressをインストールするディレクトリを指定します。ここで指定したURLがサイト自体のトップページにもなるので、普通は空白のままでいいです。
ブログ名
 ブログのタイトルを入力します。後でいくらでも変更出来るので適当に仮名で入力していても問題ないです。
ユーザ名
 WordPressにログインする為のユーザー名です。自由に決めて下さい。覚えておきましょう。
パスワード
 WordPressにログインする為のパスワードです。覚えておきましょう。
メールアドレス
 WordPressのユーザーアカウントはメールアドレスの登録が必須なので、自分のメールアドレスを入力します。
キャッシュ自動削除
 ONにするのままで大丈夫です。
データベース
 自動でデータベースを生成するを選択しておきます。

 以上を入力できたら、右下にあるインストール(確認)をクリックします。

 確認画面が表示されます。

 下の方のユーザー名パスワードがWordPressにログインするためのアカウント情報です。忘れないように。

※MySQLというのはWordPressで使うデータベースのことなのですが、ここらは自動でやってくれるので任せておいて問題ありません。ただしデータベースを直接触りたい場合はMySQLユーザーのユーザー名とパスワードが必要になりますので、一応メモっておくことをおすすめします。

※「インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意ください。」という注意文は特に気にする必要はありません。

 問題がなければインストール(確定)をクリックします。

 お疲れ様でした。これでWordPressのインストールは完了です。

 ↑WordPressの管理画面のURL(リンク)が表示されるのでクリックして開いてみて下さい。

 WordPressのログイン画面が出ると思います。
※設定が反映されるまで時間がかかることもあります。

 このページを必ずブックマークしておきましょう。忘れたら次どこからログインするのか分からなくなりますので。

 では、先ほど登録したWordPress用アカウントでログインしてみて下さい。

 ログインできましたか?

 WordPressへようこそ!

本契約はお早めに

 エックスサーバーのお試し期間は10日間です。それを過ぎてしまうとせっかく構築したWordPressもろとも全て消えてしまいます。引き続き利用したい人はエックスサーバーと本契約するを読んで本契約を行って下さい。
すぐに本契約をしても10日間は無料期間になるので、引き続き利用する場合は忘れないうちに契約してしまいましょう。

テーマって何?

 WordPressの説明に戻ります。

 WordPressではブログのテンプレートのことをテーマと言います。

 無料ブログサービスでもいろんなテンプレートから好きなのを選んで、サイトの見栄えを簡単に変えることができますよね。着せ替えみたいなもんです。

 しかし、WordPressのテーマというのは、着せ替えるどころの話ではありません。選ぶテーマによって見た目ももちろん変わるのですが、骨組み(および機能)も大きく変わります。

 SEO対策(検索結果で上位を狙う為の施策)的には、サイトの骨組みが重要です。

 その骨組み部分がテーマに依存しているということは、仮に良い記事を書いていたとしても、テーマに問題がある為に検索エンジンに拾ってもらえないということが十分に起こりえるということです。

 WordPressのテーマはい〜っぱいあります。僕が公開しているようなテーマはWordPress公式テーマではありません。言わば野良テーマです。笑

 WordPress公式テーマはWordPressの管理画面から普通にインストールすることができますが、非公式のテーマはそれぞれのダウンロードサイトでテーマファイルをダウンロードし、それを自分でWordPress管理画面にてアップロード(インストール)することで使用することができます。

 公式のテーマというのは海外のものが多く日本語での情報もないしデザイン的にも日本語には合わないものが多いので、非公式とは言え日本人が日本人向けに作ったテーマの方が使い勝手も見栄えもいいと思います。

 以下、安心して使えるであろう日本人向けのテーマをご紹介します。

※テーマの変更の仕方については下の方で説明しています。

 Principle、マテリアル、マテリアル2というのは私が作ったものです。このサイトはPrincipleというテーマを使っています。もちろんSEO対策もしっかりしていますし初心者でも使いやすいように作っているので、よかったら使ってみて下さい。

 いろんなテーマを選んで、替えたりできるのもWordPressの良いところですので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか?

 phpやcssを勉強して、オリジナルテーマを作るのも楽しいですよ。→テーマを自作したい人必見!WordPressの基本的な仕組み

今すぐWordPressブログを始めよう!

wp WordPress自体は一切お金はかからないので、この記事に書いてある手順でレンタルサーバーとドメインさえ用意すれば、いつでもWordPressでブログを始めることが出来ます。

 正直、始め方をググってる暇があれば、とりあえず無料お試しでやってみるのが一番手っ取り早いです。ぜひ、エックスサーバーのお試し期間中に無料でWordPressブログを作る方法を見ながらWordPressブログを実際に作ってみて下さい。無料でできます。

 実際に触ってみれば、いろんなことが分かってくるはずです。もう少しWordPressについて本を読んで勉強してから・・なんてバカなことを言わないように!

 習うより慣れろです。

 ゲームなんかでもそうですが、攻略本だけ読んでも何も分からないですよね?ゲームを進めながら読むからこそ攻略本の価値があるんです。

 どんなに親切なマニュアルを熟読するよりも、触ってみる方が理解できるに決まってます。

WordPressブログで稼ごう

 WordPressなら簡単に自分の知識や思いを発信するブログを作ることができます。自分の作ったwebサイトが多くの人に読まれ、成長していくというのは単純に楽しいです。

 楽しめば楽しむほど、いろんな知識が身について、やらしい話ですが結構なお金もついてきます。笑

 ブログが多くの人に読まれるようになれば、広告収入がどんどん入ってくるようになるからです。

 毎月お小遣いが勝手に振り込まれるというのは良いもんです。やり方次第ではお小遣いなんてレベルではない額を稼ぐことも可能でしょう。現にプロブロガーと呼ばれるような人も多数います。

 その為にはもちろん、どうやれば稼げるブログを作れるのかしっかり勉強することも大事です。

 もし、本気で稼げるレベルを目指すのなら、以下の2冊に目を通すのがいいと思います。

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

武器としての書く技術 (中経出版)

 僕もブログでお金を稼ぎたい人向けにこんな記事を書いたので参考にしてみてください。→【初心者向け】ブログでアフィリエイトを始める為に必要な情報一式

 僕はもうWordPressをやり始めて数年になりますが、どんどんネットからの収入は増えてきています。結局、積み重ねなので、もしWordPressブログで稼ぎたい!っていう人は一日でも早く、というか、今すぐにでも始めるべきです。

 今は、ネットで発信する術を身につけてどんどん稼ぐ人と、発信している側の存在にも気づかずただスマホを見てるだけの人とに真っ二つに分かれてしまう時代です。

 探しさえすればツールも知識もほぼ無料で手に入るので、やろうと思えば誰でも発信する側、つまり生産者になることができます。このページに辿り着いてここまで読んでくれたあなたならきっと良い生産者になれるでしょう。

 ぜひ自分が興味のある情報を発信するWordPressブログを作って、楽しみながらついでにお金もちょこっと稼いでください。だんだん増えていきますよ。^^

エックスサーバーのお試し期間中に無料でWordPressブログを作る方法

MixHostのお試し期間中に無料でWordPressブログを作る方法

WordPressの使い方と注意点

 最後に、WordPressを始めるにあたって知っておくべき基本的な使い方や注意点について解説しておきますので参考にして下さい。

設定画面

 左端に並んでいるメニューの中から設定一般をクリックして下さい。

 するとこのサイト(ブログ)に関する基本設定画面が出ます。

 まず注意点として、初心者はWordPressアドレス(URL)というところと、サイトアドレス(URL)というところは触らない方がいいです。画面が真っ白になって何もできなくなる恐れがあります。

 他は特に危険なところはないのでいろいろ触ってみたらいいと思います。ただし設定を変更した結果サイトにどう反映されるかは、結局のところテーマ(テンプレート)に依存しているので、よく分からないところもあるかも知れません。

 ちなみにキャッチフレーズというところには、このサイト(ブログ)についての簡単な説明文を書くといいです。

テーマの変更方法

 テーマを変更する方法を説明します。

 メニューの中の外観テーマをクリックしてください。

 するとテーマの選択画面が表示されます。

 デフォルト状態で選択できるのは3つほどですが、テーマは無数に存在しており新規追加からテーマを選んでダウンロードすることもできます。

 ここでダウンロードできるものはWordPress公式テーマのみです。

 公式テーマというのは日本語のものは少ないので、日本人が作った非公式テーマの方が案外使いやすいと思います。僕もPrinciple(本サイト)、マテリアルマテリアル2という3つのテーマを作って公開しています。

 初心者にはPrincipleをおすすめします。こちらからダウンロードすることができます。

 ダウンロードして手に入れたテーマファイル(zipファイル)をWordPressにアップロード(インストール)することで使うことができます。画面上部にあるテーマのアップロードをクリックしましょう。

 使いたいテーマファイル(zipファイル)を選択してアップロードします。

 ただし、アップロードするだけではそのテーマは適用されません。以下はインストール完了時の画面ですが、

 有効化をクリックすることで、そのテーマが適用された状態になります。
 ライブプレビューというのをクリックすると、そのテーマを当てたらサイトがどんな風になるかを確かめることができます。

 この設定画面(ライブプレビュー)のことをテーマカスタマイザーと呼んだりもします。閲覧者には非公開の状態でテーマの設定を変更してその見栄えをチェックすることができます。

 左上の有効化して公開というボタンを押せば、その状態が公開されます。

 各テーマによってカスタマイザーで行える設定は違うので一概に説明できませんが、テーマを変える際には公開する前にテーマカスタマイザーでチェックするようにしましょう。

 ちなみに左側メニューの外観カスタマイズで現在適用中のテーマのカスタマイザーを開くことができます。

パーマリンク設定

 1つ、必ず初めにしておいた方がいい設定があります。パーマリンク設定というやつです。

 メニューの中から設定パーマリンク設定を開いて下さい。

 選択肢の中から投稿名というのを選んで、一番下の変更を保存をクリックしましょう。

 パーマリンク設定について詳しくはWordPressでブログを始めるなら、絶対初めにするべきことを読んでみてください。

No Index設定

 もう一つ結構大事な設定があるので紹介しておきます。

 メニューの中の設定表示設定というのを開いてください。

 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするというチェックボックスがあると思います。

 これにチェックを入れると検索エンジンに対して「このサイトは検索結果として出さないで下さい!」というメッセージを送った状態になります。

 まだ完成していないので検索結果に載せたくないという時などに、この機能を使うといいのですが、もしチェックを入れたままだと当然ながら検索結果に出てきません。

 検索エンジンに拾ってもらえるように頑張って記事を書いているのに、ここにチェックが入ったままということの無いように注意しましょう。

投稿と固定ページ

 メニューの中に投稿というところがあります。これがいわゆるブログ記事を書くところです。

 固定ページというのもありますが、これは例えばプロフィールページのような類のコンテンツを書くところです。

 投稿記事というのは時系列で新しいものが積み上がっていくイメージですが、固定ページというのは時系列に関係なくそこに在るというようなイメージです。

 書き方は体で覚えていきましょう!(笑)

サイトを表示する

 普通にサイト(ブログ)を表示するには、左上のブログタイトルをクリックします。

 ただし普通にクリックすると管理画面が消えてしまうことになるので、作業をしながら見る場合は別タブで開いた方がいいと思います。

注意が必要なこと

 上述したように、設定画面のWordPressアドレスサイトアドレスは触らないほうが身のためです。

 あと外観テーマの編集でテーマファイル(テンプレートファイル)を直接編集することができますが、ここも場合によってはサイトの表示が壊れてしまったり、WordPress自体が表示されなくなったりする恐れもあるので、phpのことが分からない人は触らない方がいいです。

 あとプラグインの入れすぎにも注意が必要です。プラグインは非常に便利なので重宝しますが、あまり入れすぎるとサーバーに極端な負荷がかかることがあります。いろんなプラグインを試してみるのはいいですが、使わないものは必ず停止、もしくはアンインストールしておきましょう。

 とは言え、あまり怖がっていても仕方ないです。初めは練習のつもりでいろいろ触ってみることです。僕もサイトをぶっ壊したことは一度や二度ではありません。(笑) そういう修羅場を乗り越えているうちに様々な知識が身についてくるものです。

  では、WordPressライフを楽しんでください。最後までお読み頂きましてありがとうございました。検討を祈ります!

エックスサーバーのお試し期間中に無料でWordPressブログを作る方法

MixHostのお試し期間中に無料でWordPressブログを作る方法

おすすめサーバー

第1位エックスサーバー

スペック、安定感、使いやすさ、サポート、非の打ち所のない安心・安全レンタルサーバー。初心者はまずエックスサーバーがおすすめ。

第2位 MixHost

サーバー処理能力の高さは随一、コスパ最強。利用者急上昇中の新世代レンタルサーバー!

参考【徹底比較】エックスサーバー 対 MixHost

  • >サイトアドレスは英語になっています。
    それが原因だと思います。(^^;)

    >自分のパソコンで見ていると、自分のドメインがトップページだけ出るのですが…。
    ブックマークなどから開いてませんか?サイト内でトップページにリンクすると英語ドメインになります。

    by Nobuo@管理人 2016/09/17 00:31

  • WordPressアドレス、サイトアドレスの両方の設定欄に自分の独自ドメインを入れてみたら、独自ドメインが出るようになりました。こういうところは下手にいじると、全部、見れなくなるのでは?と思っていじれないでいました。なんとか大丈夫そうです。ありがとうございました!!

    by メイ 2016/09/17 11:11

  • […] ⇒全くの初心者がWordPressでブログを始める方法 […]

    by 自分でつくる!会社のホームページ 2017/03/12 19:17

  • […] 全くの初心者がWordPressでブログを始める方法 […]

    by ワードプレスとmixhostで1時間でブログを始める方法 | ラリるネコのブログ 2017/03/20 00:02

  • とても参考になりました^_^
    また勉強させて頂きます。

    by ドスケン 2017/04/02 21:09

  • 『Ward Press』という言葉も、お恥ずかしながら初めてしりましたが、
    立ち上げてみたいブログがありまして、こちらのサイトの解説が本当に参考になりました
    (*^^*)
    頑張って魅力的なブログになるようにしていきたいと思います。
    ありがとうございました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    by 愛ちゃん 2017/09/16 15:38

  • >愛ちゃん
    コメントありがとうございます。
    多くの人に読まれるブログを作れるように頑張ってください!
    ちなみにWard Pressではなく、正しくはWordPressです。笑

    by Nobuo@管理人 2017/09/16 15:48

  • ブログを立ち上げてみたいと思って、初めての事なのでググっていたらこちらにたどり着きました。

    こういった知識はあまりなくて初心者なので、本を読んでからと思っていましたが、、、
    そんなバカなことはやめて(笑)、はい、「習うより慣れろ」ですね☆

    サーバーやWordPressの諸設定が上手くいくかドキドキしますが、
    自分も発信する側になれるように頑張りたいです。

    こちらのサイト、とっても参考になりました。ありがとうございました。

    by 初心者ママさん 2017/11/26 22:00

  • WPで始めよう!でも こういうの苦手だし・・と検索しまくってましたが
    やります!!
    とても参考になりましたありがとうございます

    by buyukagac 2017/12/27 11:45

  • Principleをダウンロードさせてもらい。
    趣味全開のサイトをワードプレスで作れました。

    サーバーの選び方など。参考になりました。ありがとうございます。

    by てとら 2018/03/01 21:53

コメントを残す




関連記事

Pick Up